PCを操作する女性

不安解消

避妊具を装着しないで性行為をすることで妊娠する可能性が高くなります。もちろん、避妊具無しで膣内へ射精しても姙娠しない可能性もあります。姙娠しているかどうかというのは生理が来ることで判断することができます。ただ、生理が来るまで待つしかできない…。生理が来るまでの間というのは常に不安と戦うことになります。しかし、現在では待つだけではなくアイピルを服用して不安な気持ちを和らげることができます。

アイピルというのは世界各国で使用されているアフターピルです。
経口避妊薬であるピルの1種です。アイピルは性行為後に服用することで避妊効果が得られる薬となっており、正しく服用すればほぼ100%で避妊に成功します。

アイピルを服用することで、体内の女性ホルモンに働きかけます。そして、子宮内膜を無理やり剥がし、妊娠を防ぎます。
通常の状態であればホルモンは安定していることで心身ともに健康になります。しかし、妊娠を望まないということであればホルモン状態をわざと乱し、受精や着床する可能性を低くさせます。
アイピルというのは、性行為後72時間以内に服用すれば避妊効果が得られます。しかし、72時間より前に服用することでさらに高い避妊効果が得られます。
72時間以内に服用すれば成功率は75%、24時間以内に服用すれば95%成功するということがわかっています。

もしも…というときに頼りになる存在なので、1錠は持ち歩くようにしておくと良いでしょう。「アイピルがある」と思っていれば気持ち的にもかなり安心できます。