PCを操作する女性

注意点を知っておこう

アイピルには高い避妊効果があります。性行為をしてから24時間以内に服用するとほぼ100%で避妊に成功します。しかし、アイピルを服用した場合でも避妊に失敗してしまうケースというのがあります。ここでは、避妊に失敗するケースから確実に避妊を成功させる方法を紹介します。

まず、アイピルは性行為をしてから72時間以内に服用する必要があります。72時間を過ぎてから服用しても効果が得られません。
また、アイピルというのは強い効果がある分、副作用も起こりやすいです。副作用を訴える女性の多くは「吐き気」です。副作用は1~2日程度で治まりますが、吐き気がおさまらずに吐いてしまったという場合には注意が必要です。服用してから2時間以内に吐いてしまったという場合には、アイピルの成分が体に吸収されていない可能性がありますので避妊に失敗する恐れがあります。よって、服用してから吐いてしまったという場合には再度服用する必要があります。少しでも吐き気を抑えるためにも乗り物酔い止め薬も服用するとよいでしょう。

また、アイピルを服用してから出血があり、自然な生理が来るまでに性行為をすることで避妊に失敗する可能性があります。そのため、確実に避妊成功させるためには、アイピルを服用してから自然な生理が来るまで性行為は控えましょう。

アイピルは食事の影響などを受けにくいですが、過度のアルコール摂取はNGです。アルコールを大量に摂取することで、嘔吐する可能性がありますし、下痢によって、せっかくの有効成分が排出されてしまう可能性があります。そうならないように、服用してから少しの間はアルコールを控えておきましょう。